体に負担がかからない敷布団の選び方|腰痛を改善する方法

婦人
ブランケット

足元から健康に

近年、温活が多くの女性の注目を集めています。基礎体温を上げる働きが健康や美容に高い効果を発揮するのです。妊活中の女性に対して人気の製品がレッグウォーマーです。生殖機能を高める効果を持っているのです。冷房などで冷えることの多い夏場にも活躍します。

一番大事なケア

腰痛

寝ている間に悪化させない

腰痛は寝ている間に寝返りが少ない事で悪化すると言われています。既に痛みを感じている場合は、痛みを起こさないように更に緊張して寝る事になり、寝返りが減って腰痛が悪化する危険性があります。寝起きに腰痛が悪化しているような場合は寝る時の状態が良くない場合があるので、寝具の見直しが必要です。敷布団は適度な寝返りを促し、快適に睡眠をとるために注意して選ぶ必要があります。敷布団と一口にいっても一般的な綿や羊毛の布団から、スプリングが入ったマットレス、ウレタンフォームでできたマットレス等様々な種類があります。以前は低反発の沈み込むようなマットレスが人気でしたが、最近は樹脂繊維を使った高反発のマットレスなども人気になっています。

寝返りが鍵

腰に優しい敷布団で寝ることは腰痛改善にとってとても重要です。人間が寝ている時間は1日のうちおよそ8時間から9時間程もあり、人生の3分の1は寝ている時間と言っても過言ではありません。その間普通の人は寝返りを頻繁に行っていますが、腰痛の人は寝返りがかなり少なめであると言われています。寝ている間中ずっと同じ向きを向いて寝ていたり、無理な体勢をしている事は腰にとっても健康にとっても良いことではありません。寝返りがし易い敷布団を選ぶ事でこの長い夜の時間に腰痛を悪化させずに過ごす事が可能です。高機能な敷布団は高額な物も多いですが、一度購入してしまえば何年も利用出来、腰痛への効果も期待出来ます。少なくとも腰痛を悪化させないために良い敷布団は必要となってきます。

ベッド

より効果的にするために

ベットの上で使うなら特に考える必要はないですが、布団の場合はどこに敷くのかで違うので注意したいです。洗えない高反発マットレスなら日陰で干し、寝る時以外は負担をかけないようにして、上下や裏表をローテーションさせましょう。

ベッド

寝具で眠りの質が変わる

1日の3分の1は眠って過ごします。その為寝具によって体の調子が大きく変化します。疲れを取り腰痛改善に役立つのがモットンです。体を最適な方法で支えてくれるので、筋肉や神経を休めることができ疲れが取れます。また寝返りの回数を減らしてくれるので熟睡できる時間が長くなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加