体に負担がかからない敷布団の選び方|腰痛を改善する方法

レディ

寝具で眠りの質が変わる

ベッド

腰の筋肉や神経を休める

日本人の平均睡眠時間は7時間半ほどです。1日の3分の1程度を寝て過ごすことになる為、寝具が健康に与える影響は大きいと言えます。特に敷布団は大切で、体にあっているかどうかで睡眠の質が大きく違ってきます。敷布団の中で体に良く、特に腰痛対策に効果的と言われているのがモットンです。NASAが開発した特殊な高反発ウレタンフォームが最適な方法で体を支えてくれるので、体のどこにも余分な力が入らず浮いているかのように快適に寝ることができます。寝ている間に腰の筋肉や神経が圧迫されずにすみ疲れが取れるため、徐々に腰痛が改善していきます。また眠っている間に背骨がまっすぐになるので、体の歪みも取れてきます。モットンには90日間の返金保証期間が設けられていますが、ほとんどの人が30日程度の使用で効果を実感しています。

疲れを取る効果も

モットンは腰痛改善目的で使用する人が多いのですが、その他に体の歪みの改善や疲れを取るために使用する人も大勢います。モットンに寝ているとどうしてこれらの効果があるのかというと、1つには背骨を理想的な形に戻してくれる働きがあるからです。背骨は前かがみになって食器を洗ったり、片手でスマホを操作するなど日常の動作で歪んできます。背骨の歪みが筋肉のコリや内臓の不調、代謝の悪さなどを引き起こすこともあります。モットンに眠ることで正しい姿勢を手に入れると、自然に体の不調が良くなっていきます。またモットンは眠りが浅くなるのを防いでくれます。同じ体勢でずっと寝ていると敷布団に当たっている部分が痛くなってくるため、無意識のうちに体を動かします。しかしモットンなら体が触れている部分が圧迫されないので、寝返りをうたなくても眠り続けることができます。眠りの深い状態が長く続くので熟睡できるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加